売掛金の回収の相談も

弁護士の仕事といえば、離婚問題などが有名だと思いますが、他にも仕事がたくさんあります。その一つが売掛金の回収です。会社を経営していたら本来返ってくるはずの売掛金を返してくれないという事は誰でも起こりうることです。もちろん話し合って返してくれることもありますが、必ずしもそうとは限りません。そんなときに依頼するのが弁護士です。弁護士は法律に則って売掛金を回収の相談に乗ってくれたり、時には裁判をして回収してくれます。ですが、たいていはいきなり裁判に持っていくことはありません。まずは、内容証明書を発行します。そして、それを相手が無視した場合には裁判になり強制的に回収するほうへと行きます。しかし、ここで問題なのは裁判を起こしたからと言って必ず回収できるとは限らないという事です。相手が払える財産を持っていなければ結果的に返せないという事になるので、相手が財産を持っているかどうかが問題になります。そして、もし、勝訴しても相手が払わなければ強制執行になり無理やり払うように言われます。

このように、弁護士は売掛金の回収のトラブルも相談に乗ってくれ解決へと導いてくれます。もちろん必ず返してくれるとは限りませんが、弁護士に一度相談する事をおすすめします。